nlpのプラクティショナーになる方法について

種類

文房具

nlpに関する資格というのは1つだけではありません。大きく3つの種類に分類することが出来るのです。
このような種類の違いというのはセミナーを開催している団体によって違います。そこで、自分に合ったnlpの資格を見つけ、取得のために勉強しましょう。
それでは、3つの資格について特徴を紹介します。

初心者向け

nlpプラクティショナーという資格は、nlpの入口部分となる資格の種類です。セミナーを受講することで知識が身に付きます。セミナーでは、エクササイズを行いながらスキルを取得することができるので、楽しみながら身に付きます。
ビジネスシーンやプライベートでもすぐ活用できる内容となっているので、全く知識がない人でも楽しみながら学べるということが最大の特徴です。

中級向け

nlpプラクティショナーのランク上で、マスタープラクティショナーという資格です。
基本的な部分に加えて、一歩踏み込んだセミナーとなっています。基本的な内容だけではなく、プレゼンテーションの能力も求められることとなります。高いレベルが必要となってきますが、その分活用できる幅も広がります。
この資格を取得していることで、自分でもセミナーを開催することが出来ます。

上級向け

nlpの資格で最もレベルの高い資格です。この資格はトレーナーと言われます。
そのため、豊富な知識を持っていなければなりません。知識を身に付けるためには高度な理解力が求められます。
トレーナーになることが出来れば、プラクティショナーやマスタープラクティショナーの養成や認定をすることが出来ます。